[活動レポート]日韓友好フェスタ2019IN 八王子

おもてなし国際協議会の創造理念

おもてなしとは、本来、商業的で、意図的なものではなく、家族と接するように、表裏のない心で見返りを求めない対応だと言われています。自分が害を受け、損をするとしても、隣人の痛みを、自分の痛みのように分かって、自分のことのように愛する心で、分け与える『真のおもてなし』は、民族や人種を越えて、共感するものです。 おもてなし国際協議会は、2020年の東京オリンピック開催に向けて、「質の高いおもてなし」とは何かを、外国人の目線に立って研究し、清潔で、温かく、誠実な対応ができるホスピタリティ精神を民間レベルから醸造していくことを狙いとしています。

Founding philosophy of OMOTENASHI International Council

“Omotenashi” is the Japanese word for ‘hospitality’. In short, it means the act of treating others with sincerity, without expecting anything in return. It means treating others like family members, regardless of who they are. It means loving others as if loving yourself, understanding others pain like your own pain, even receiving harm or incurring a loss for others. This is a “true omotenashi” that is recognised across any ethnicity or race. Our vision is to provide “high-quality omotenashi” to foreigners, that is, the pure, warm and honest hospitality in order to prepare for hosting the 2020 Tokyo Olympics.

오모데나시 국제협의회의 창조이념

NPO법인 국제 협회 오모데나시의 근본 사상은 일본어로 극진히 대우 한다는 뜻입니다. 다시 말해서 성실로 사람을 대하며 이 행실로 어떤 댓가를 바라는 것이 없습니다. 이는 누구를 막론하고 가족처럼 대하며 사랑 하기를 자신을 사랑 하듯 하며 상대의 아픔을 자신의 아픔으로 여기며 때로는 상처 받고 어려움을 겪는 사람들과 마음을 같이 하기도 합니다. 이것이 참 오모데나시이며 민족과 인종을 넘어 이 사상을 펼쳐보고자 합니다. 우리의 비젼은 높은 차원의 오모떼나시 외국에 전하는 것입니다. 이는 순수 따뜻함 정직으로 2020년 도쿄올림픽 주인으로서 더 준비하고자 합니다.

OMOTENASHI國際協議會的創立理念

日語的「おもてなし」(OMOTENASHI)本來是指非商業性、非造作、如同接待親朋好友一般不求回報、表裡合一的款待精神。即使自己有所損失、備受傷害,也把對方的傷痛感同身受、愛人如己,如此真摯的待人之道超越民族和人種,任誰都能有所共鳴的。OMOTENASHI國際協議會為了準備2020年東京奧林匹克運動會,會站在外國人的立場深入思考何謂「高質素的款待」,並鼓勵在民間醞釀真摯、溫暖、誠實的服務精神。

おもてなし国際協議会の活動

おもてなし国際協議会の精神に沿った活動を、以下の6つのセクションに分けて、企画・運営しています。

スポーツ

Sports

アート

art

SDGs

ユニバーサルアクティビティー

Universal activity

国際交流

Universal activity

多文化共生活動

Multicultural activities

新着情報

日野市国際協会主催、第1回多文化共生講座で、司会をしました!

日野市国際協会主催、第1回多文化共生講座で、司会をしました! 2020年1月25日に、「地域日本語教育の展開と […]

Read More

会場も、スタッフも一つとなった日韓友好フェスタ2019in 八王子②

 一部の音楽劇のフィナーレの後、歌手の玉城  ちはるさんが、「海峡を越えた、かけがえのない […]

Read More

会場も、スタッフも一つとなった日韓友好フェスタ2019in 八王子①

2019年12月28日に、北野市民センター8階ホールで開催された、「日韓友好フェスタin 2019」ですが、2 […]

Read More

新朝鮮通信使の2日目(名古屋→清見寺→高麗博物館→八王子)

青春18切符での移動は、公演関係の道具を入れた、大型のスーツケースを持ちながら移動させるため、乗り換えの多い、 […]

Read More

新朝鮮通信使の1日目②(釜山→大阪港→雨森 芳洲庵→名古屋)

電車を乗り継ぎつつ、雨森 芳洲出生の町、滋賀県の高月駅に到着しました。 雨森 芳洲は、朝鮮通信使を語る上で、あ […]

Read More

新朝鮮通信使の1日目①(釜山→名古屋)

(釜山→大阪港→雨森 芳洲庵→名古屋) 12月28日、日韓友好フェスタin 八王子で公演をすることになった、韓 […]

Read More

お問い合わせ

「@gmail.com」「@omotenashi.tokyo.jp」のメールが受信できるように設定をお願いいたします。頂いたお問い合わせに回答させて頂くまで数日を要する場合がありますが、ご了承ください。