TOPPAGEIMAGE

おもてなし国際協議会の創設理念

おもてなしとは、本来、商業的で、意図的なものではなく、家族と接するように、表裏のない心で見返りを求めない対応だと言われています。自分が害を受け、損をするとしても、隣人の痛みを、自分の痛みのように分かって、自分のことのように愛する心で、分け与える『真のおもてなし』は、民族や人種を越えて、共感するものです。 おもてなし国際協議会は、2020年の東京オリンピック開催に向けて、「質の高いおもてなし」とは何かを、外国人の目線に立って研究し、清潔で、温かく、誠実な対応ができるホスピタリティ精神を民間レベルから醸造していくことを狙いとしています。

Founding philosophy of OMOTENASHI International Council

“Omotenashi” is the Japanese word for ‘hospitality’. In short, it means the act of treating others with sincerity, without expecting anything in return. It means treating others like family members, regardless of who they are. It means loving others as if loving yourself, understanding others pain like your own pain, even receiving harm or incurring a loss for others. This is a “true omotenashi” that is recognised across any ethnicity or race. Our vision is to provide “high-quality omotenashi” to foreigners, that is, the pure, warm and honest hospitality in order to prepare for hosting the 2020 Tokyo Olympics.

企画運営

オリンピズムについての講演会や勉強会の企画運営。

国際交流

スポーツ・文化芸術を通しての国際交流。

演劇/ワークショップ

異文化理解を深め、共感性を高める世界疑似体験演劇、ワークショップの実施。

支援活動

多摩地域に住む留学生や、在留外国人の支援活動。

新着記事

NEWS

「世界のフィールドで働くこと」
良かれと思ってするのに、現場が困るボランティアの講演に参加して

今回、AHHAという社会貢献できる人材や、教育活動を行っているNGOが主催している集まりに参加しました。 たま […]

Read More

八王子とドイツの架け橋 肥沼 信次 医師の映像が完成 (第176回多摩探検隊)

海外では知られているのに、母国では知られていない有名人は、古今東西、存在しますが、八王子では、「肥沼 信次 医 […]

Read More

街も変わり、人も変わった」と言われる2020東京大会に!

なかなか、エンジンのかかりにくかったオリンピック パラリンピック ボランティア募集ですが、大会ボランティアは1 […]

Read More

お問い合わせ

info@omotenashi.tokyo.jp までメールをお送りください。ご利用環境、また迷惑メール対策等の設定により、お返事が届かない場合があります。「@omotenashi.tokyo.jp」「@gmail.com」からのメール受信が可能な設定にして頂きますようお願いいたします。