おもてなしの心が紡ぐ世界の絆
おもてなしの心が紡ぐ世界の絆

創設理念

おもてなしとは、本来、商業的で、意図的なものではなく、家族と接するように、表裏のない心で見返りを求めない対応だと言われています。自分が害を受け、損をするとしても、隣人の痛みを、自分の痛みのように分かって、自分のことのように愛する心で、分け与える『真のおもてなし』は、民族や人種を越えて、共感するものです。 おもてなし国際協議会は、高齢者、障害者、外国人など、幅広い方に対応ができる『質の高いおもてなし』を研究し、実践することで、多様な人と人とが結びつき、認め合い、助け合い、活かし合いながら、共に暮らす多文化共生の街づくりを、多摩地域で実現していくことを目指しています。

Founding philosophy of OMOTENASHI International Council

“Omotenashi” is the Japanese word for ‘hospitality’. In short, it means the act of treating others with sincerity, without expecting anything in return.

It means treating others like family members, regardless of who they are. It means loving others as if loving yourself, understanding others pain like your own pain, even receiving harm or incurring a loss for others.

This is a “true omotenashi” that is recognised across any ethnicity or race. We research and act upon the idea of “high-quality Omotenashi(Japanese hospitality )” that could be adapted to a wide range of individuals, such as the elderly, people with special needs, and people from all over the world.Our aim is to develop a community based on multicultural symbiosis that enables diverse human connections, recognitions, and cooperation within Tama area.

오모데나시 국제협의회의 창조이념

오모데나시 국제협의회의 창조이념 NPO법인 국제 협회 오모데나시의 근본 사상은 일본어로 극진히 대우 한다는 뜻입니다. 다시 말해서 성실로 사람을 대하며 이 행실로 어떤 댓가를 바라는 것이 없습니다.

이는 누구를 막론하고 가족처럼 대하며 사랑 하기를 자신을 사랑 하듯 하며 상대의 아픔을 자신의 아픔으로 여기며 때로는 상처 받고 어려움을 겪는 사람들과 마음을 같이 하기도 합니다.

이것이 참 오모데나시이며 민족과 인종을 넘어 이 사상을 펼쳐보고자 합니다.

오모떼나시 국제협의회는 고령자나 장애인、외국인등 폭넓은 분들에게 대할 수 있는 “높은 차원의 오모떼나시(일식 환대)”를 연구하고 실천함으로써 다양한 사람들 끼리 연결되고 서로 인정하고 도와주고 개성을 살리면서 함께 사는 다문화공생의 마을 만들기를 타마 지역에서실현할 것을 목표로 삼고 있습니다.

OMOTENASHI國際協議會的創立理念

日語的「おもてなし」(OMOTENASHI)本來是指非商業性、非造作、如同接待親朋好友一般不求回報、表裡合一的款待精神。

即使自己有所損失、備受傷害,也把對方的傷痛感同身受、愛人如己,如此真摯的待人之道超越民族和人種,任誰都能有所共鳴的。

OMOTENASHI國際協議會希望透過研究並提供「高質素的OMOTENASHI(款待)」給高齡者、身障人士、外國人等不同背景的人,能夠在多摩地區實現不同背景的人與人之間可以互相連結、彼此尊重、互相幫助、互相活用的多文化共生的社區。

活動

おもてなし国際協議会の精神に沿った活動を、以下の6つのセクションに分けて、企画・運営しています。

新着情報

内閣官房から ホストタウン功労賞の表彰状を受け取りました!

内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部からのホストタウン功労者の推薦照会に対し、八王子市からは、私達、NPO法人おもてなし国際協議会を推薦して下さっていたのですが、9月22日に、八王子市役所に、内閣官房から、N […]

Read More

『スポーツを通じた平和とは何か?』を考えさせてくれた「戦火のランナー」上映会&トークショー

東京オリンピック・パラリンピックが終わってから、はや2ヶ月が過ぎました。6年間オリンピックに関わってきた私達の団体にとって「オリンピックレガシーに今後どう関われるか」ということが大きな課題となっていました。 過去を振り返 […]

Read More

見て、聞いて、触れてみた、築城500年 滝山城!

「続日本100名城」の一つ、八王子市にある滝山城は、多摩一帯を治めていた大石氏によって521年に築城されたと言われていて、今年で築城500年を迎えます。しかし、八王子市に8年も住みながら、八王子市街からかなり離れた場所な […]

Read More

前橋市が南スーダンのホストタウンになった感動の経緯!

南スーダン共和国は、スーダン共和国から南部10州が分離・独立を果たし、2011年7月に世界一新しい国としてスタートしました。 私は東日本大震災後の2011年4月に、戦場ジャーナリスト 故 後藤健二さんのトークショーに参加 […]

Read More

戦後76年 八王子の戦跡から、歴史を読み解く!

10月22日 元都立高校教師で、八王子市の戦争遺跡研究者、齋藤 勉氏の講演会が八王子市学園都市センター第一セミナー室で行われました。 八王子の戦争遺跡と言っても、どの期間の戦跡かと言うと、長い八王子の歴史の中で、特に西南 […]

Read More

「オンライン台湾魅力探訪!ーひと・土地・物語、そしてちょっとグルメー」

1985年から1945年までの51年間、日本の統治下にあった台湾では、古き良き日本の面影や、台湾ならではの温かな人情に出会えます。 大都市にはない純粋な自然の美しさや、古きよきノスタルジックな日本を感じさせる「知られざる […]

Read More

お問い合わせ

「@gmail.com」「@omotenashi.tokyo.jp」のメールが受信できるように設定をお願いいたします。頂いたお問い合わせに回答させて頂くまで数日を要する場合がありますが、ご了承ください。