法人概要

NPO法人おもてなし国際協議会の創造理念

おもてなしとは、本来、商業的で、意図的なものではなく、家族と接するように、表裏のない心で見返りを求めない対応だと言われています。自分が害を受け、損をするとしても、隣人の痛みを、自分の痛みのように分かって、自分のことのように愛する心で、分け与える『真のおもてなし』は、民族や人種を越えて、共感するものです。
おもてなし国際協議会は、2020年の東京オリンピック開催に向けて、「質の高いおもてなし」とは何かを、外国人の目線に立って研究し、清潔で、温かく、誠実な対応ができるホスピタリティ精神を民間レベルから醸造していくことを狙いとしています。

 

Founding philosophy of OMOTENASHI International Council
“Omotenashi” is the Japanese word for ‘hospitality’. In short, it means the act of treating others with sincerity, without expecting anything in return. It means treating others like family members, regardless of who they are. It means loving others as if loving yourself, understanding others pain like your own pain, even receiving harm or incurring a loss for others. This is a “true omotenashi” that is recognised across any ethnicity or race. Our vision is to provide “high-quality omotenashi” to foreigners, that is, the pure, warm and honest hospitality in order to prepare for hosting the 2020 Tokyo Olympics.

 

OMOTENASHI國際協議會的創立理念

日語的「おもてなし」(OMOTENASHI)本來是指非商業性、非造作、如同接待親朋好友一般不求回報、表裡合一的款待精神。即使自己有所損失、備受傷害,也把對方的傷痛感同身受、愛人如己,如此真摯的待人之道超越民族和人種,任誰都能有所共鳴的。OMOTENASHI國際協議會為了準備2020年東京奧林匹克運動會,會站在外國人的立場深入思考何謂「高質素的款待」,並鼓勵在民間醞釀真摯、溫暖、誠實的服務精神。

 

 

活動内容
(1) オリンピズムについての講演会、勉強会の企画運営
(2)スポーツや文化を通じての国際交流
(3)異文化理解を深め共感性を高める疑似体験演劇ワークショップの実施
(4)多摩地域に住む、留学生、在留外国人の支援活動
   
法人概要

名称 NPO法人おもてなし国際協議会
設立 2018年8月2日
代表 長野岩雄
住所 〒192-0904 八王子市子安町3-30-19 カテリーナ八王子403号
TEL 042-508-2749