第3回グローカルフェスタ 〜近くて、近い国へ〜

八王子市には、4つの海外友好都市があります。ドイツ・ブリーツェン市台湾・高雄市、中国・泰安市、韓国・始興(しふん)市です。おもてなし国際協議会では、これまで2017年はドイツ ブリーツェン市と八王子市との友好交流協定締結記念 演劇公演、2018年には、台湾大学との交流行事、台湾の激動期を取り上げた歴史劇上演やパネルディスカッションを企画開催してきました。今年2019年は韓国を取り上げ、八王子市民にとって、「近くて遠い国」ではなく、韓国の理解を深めて、「近くて近い国」と感じてもらいたいと思い、企画致しました。今回は、八王子市民の方々による市民劇の形をとり、市民の皆さんが演劇を演じることで韓国を擬似体験し、相手の立場に立つ心を学んでいきたいと願っています。


日時:2019年2月23日(土) 12:30開場/13:00開演


第1部:市民劇 『RED』
第2部:基調講演(イ ヨノ氏)
第3部: トークセッション(イ ヨノ氏
服部直美氏 ソンタイエ氏)


会場:北野市民センター 8階ホール
(東京都八王子市北野町545-3きたのタウンビル8階)
(京王線北野駅から徒歩1分)


入場料:一般1000円 学生500円 中学以下無料


第1部 市民劇『RED』
作 馬場さくら(桜人企画)
演出 服部直美

《あらすじ》
在日韓国人であることを誰にも打ち明けず生きてきた司法修習生の真一は、いとこのジェドクに巻き込まれ、韓国・珍山での冤罪事件にかかわることになり…。少女誘拐の嫌疑をかけられた男の未来は?!事件の真相は?!月明りの下、現在と過去が交錯する、事実に基づいた物語。
社会派エンターテイメント作家の馬場さくらが描く舞台は韓国。韓国コスメ、KPOPアイドル、チーズダッカルビ…インスタ映えのフレームには入りきらない韓国の景色をお届けします!
今回、法定ものに挑戦するのは、八王子市の大学に通う大学生や市民の皆さんです。演劇を演じることを通して、より深い国際理解を目指しています。


脚本 馬場さくら
演出家 脚本家 桜人企画 代表
青山学院大学国際政治経済学部卒業。2011年東日本大震災を機に桜人企画(さくらきかく)を立ち上げ、世界の問題や社会情勢をテーマに、歌ありダンスあり笑いあり涙ありのエンターテイメントな舞台作品を作り続けている。水都大阪2009大阪市長賞受賞。
第27回S1シナリオグランプリ奨励賞受賞作品「真夜中の美容室」Kindleストアで発売中http://amzn.to/1Fnpngk 2018年4月7日、台湾の民主化の歴史を描いた音楽劇「七十一日的台湾白百合」で初の海外公演(台湾公演)を果たす。


ゲスト: イ ヨノ氏
講演家、歴史研究家
コミュニケーションカウンセラー


2008年~ 2009年 製薬営業の 達人として 各新聞社で 7回 紹介記事に載る。
2009年 ~ 忠南大学 外来講師として リーダーシップとコミュニケーション セルフコーチング 専門講師として 活躍。韓国の全国大学で講演
韓国企業 サムソン ロッテ ハンファ 等で営業セミナー講師として活躍
現在 大学院に通いつつ 経営コンサルティグ博士課在籍中


服部直美 氏
早稲田大学法学部卒。
脚本家 演出家
神奈川県下で劇団を主宰し、ミュージカル「ザビエルの冒険」「約束のクリスマス」、こども演劇「ヨコハマ版星の王子さま」を上演。また東アジア キリスト教史、とりわけ日本のキリシタン史研究の第一人者で、各地で講演を行う。
NPO法人 おもてなし国際協議会顧問

ソンタイエ(宋 多禮)氏
早稲田大学文学部3年 在日韓国人2世
日本で生活し、韓国を行き来する中で、政治や国際問題による反日・反韓は世代間によってギャップがあることを身をもって知り、そこから深く日韓関係について考えるようになる。今は友好的な日韓関係を築くため、また日本と韓国のそれぞれ良い面を広めていくために、自分ができることを日々研究している。


お問合せ:
TEL : 08035729025
MAIL : omotenashi.i.c@gmail.com
お申し込みフォーム
https://goo.gl/3Cjr42


※お申し込みは先着順とし、定員になり次第締め切らせていただきます。また、当日のお申込みはサイトでは行なっておりません。直接お電話でご連絡ください。


主催:NPO法人おもてなし国際協議会
後援: 八王子市・八王子国際交流協会 後援
協賛: 株式会社 クルップアカデミー
   一般社団法人 よつば

フライヤー表 PDFはこちら


フライヤー裏 PDFはこちら