2020年東京オリンピックのおもてなしについて(第二回)~韓国での経験から日本の「おもてなし」を考える

韓国での経験から、日本の「おもてなし」を考えてみた。

ていねいなお辞儀、きれいな梱包、心ほぐれるおしぼり、時間通りにやってくる電車等……。「おもてなし」は日本の強みだと言われていますが、おもてなしの本質について考えてみたいと思います。おもてなしとは、本来、商業的で、意図的なものではなく、家族と接するように、表裏のない心で見返りを求めない対応だと言われています。また漢字で書くと「持て成し」に「御」をつけ「御持て成し」となります。持て成す・・持って成す・・つまり、ものをもって成し遂げるということで、ものとは「心」であり、その心が相手に届くことです。

私が接した海外の友人に日本人の印象を聞くと、「まじめで丁寧なのは称賛に値するが、距離感を感じ、冷たい印象を受ける。」「交通費が高すぎる。」「無料Wi-Fiが使えるところが少ない」「ルール通りにしか行えない、融通が利かない」「商業用に笑顔で対応してくれているのであって、心から笑っていないのが分かる。」等、おもてなしについて再考しないといけないことが多いと思っています。

前回は、日本のおもてなしと、西洋のホスピタリティーを比較しましたが、韓国や台湾等、近隣のアジアに比べると、ホテルやデパートのような特別な場所での「おもてなし」は、もっと行き届いているように思いますが、それに見合うお金のかかる「おもてなし」になっているのと、きちんとしてくれるが、親しみにくい壁があり、むしろ、韓国人や台湾人の壁のない純粋な優しさに及ばない場合もあります。それは元来、日本が抱える、見える言葉のコミュニケーション能力、見えない心のコミュニケーション能力の不足からきているのは否めません。

日本の「おもてなし」から世界の「OMOTENASHI」へと発展してく上で、今回の2020年のオリンピックは大事な転換点になると思います。

私は韓国で3年ほど働いていた経験がありますが、儒教的な精神は根強くあり、上下関係の厳格さは日本以上だと思います。だから言葉遣いや、行動には神経を使って接しないといけない国ですが、一方、一旦仲良くなると、言葉遣いは、パンマルといって、ぞんざいな言葉を使わないといけない、暗黙の了解があります。それを「言葉をおいて下さい」という言い方で、彼らは表現しますが、一度、仲良くなってしまうと、長く離れていても、昨日会ったかのように接してくれます。

以前働いていた会社の韓国人の上司は、女性の方でしたが、大先輩で、仕事について、人生についてたくさん教えて下さいました。家族のようにも接してくれましたが、一方では大量の仕事を、迅速に処理することを求められ、うまくできず厳しく長時間叱られることも多々ありました。仕事を退職した後、再び、韓国で会ったとき、忙しそうだったので、軽く挨拶をして、別の用事のために別の場所に移ったとき、周りの日本人の人達に「ロッキーは裏切り者だ。」と冗談交じりで話していたらしいです。要するに、一度、縁が出来たら一生、切れない表現しがたい関係性になるのです。

また、ある時、一橋大学の学生が観光に来ていましたが、突如、腰の出来物が腫上がり、手術しなければいけなくなりました。しかし、旅行保険に入っていなくて、どれくらいの費用になるか、本人も僕も心配でした。韓国の友人にその話をしたら、あちらこちらの病院に連絡をしてくれ、結局、彼の保険証で診察して手術してくれることになり、あまりにも安い手術費で手術してもらえました。病院は立派な最新設備を備えた病院でしたし、医者も優れた医者だったと後で分かりました。

日本では、いくら大変になっても、本人の過失だということで、助ける側も医者もそこまでして助けてくれることはないと思います。しかし、韓国の状況を何もわかっていない日本の学生が、困惑している状況を察して、韓国の友人も、医者も協力して、その場を取り計ってくれた優しさは、彼にとって一生、忘れられないものとなったでしょう。

この2つの話は、韓国人からすれば、外国人であるにもかかわらず、家族同士のような表裏がない見返りを求めない対応をしてくれたのであり、相手の心に、深く感動として残った日常の中で起こった出来事でしたが、相手に対する相応しい礼儀と、同時に、親しくなった時には、家族のように近い対応の2つを、使いこなす韓国のおもてなし文化等、周りの国々から、私達、日本人も学ばないといけないのではないでしょうか?

そのためには、普段から、自分の国のことばかりを主張するのでなく、周りの国々に関心を持ち、彼らの長所を褒めてあげ、積極的に学んでいく姿勢こそが、日本の伝統の「おもてなし」を輝かせ、世界の「OMOTENASHI」として生まれ変わらせることだと思います。